委任状の書き方

廃車のための委任状の書き方

車は長年使用していたりした場合、エンジンがかかりにくくなったり、燃費が悪くなったり、外装に傷がついたりします。ですから、ある程度年月が経てば、買い替えを考える人が多いです。

また、車は常に色々なメーカーから新しい車が販売されていますから、気に入った車があって購入したくなった場合、買い替えを考えることもあります。

もし車を買い替える場合は、今所有している車を処分するか、売却する必要性が出てきます。

売却する場合は、車の買取業者がたくさんありますから、様々な業者から見積もりを出してみて、買取価格が高い業者で売却するとよいでしょう。最近では、ネットで一括見積ができますから、いちいち業者ごとに自分で買い取り価格を比較する必要がありません。

しかし、車が古くて買取りができないような状態の場合や事故などで半壊してしまったような場合は、車の処分を検討する必要がでてきます。車の処分をするのであれば、どのような人でも行わなければならないこととして、廃車の手続きをしなくてはなりません。車のナンバーは、オーナーの免許の情報とともに公的機関に登録されています。ですから、処分する場合は車のオーナーではなくなったということを公的機関に通知するということが必要になってきます。

このような手続きを廃車手続きといいます。この手続きは、基本的には廃車する車のオーナーが行うわけですが、中には仕事などの都合上忙しくて都合の良い日がなかなかないという人もいるかもしれません。

また、事故車などの場合は、オーナーが怪我をしていて、直接廃車の手続きができないといった事態になることも考えられます。そういった場合は、廃車手続きの委任状を提出すれば、第三者に車の処分の手続きを依頼することができます。

廃車の手続きの委任状の書き方としては、手続きに行く人の住所、手続きに行く人の名前、その下の欄に登録抹消と記入します。次に、車の車検証に記載されている自動車登録番号を記入します。最後に、廃車処分をする車のオーナーの住所、氏名を記入し、オーナーの印鑑を押します。それほど複雑な形式ではなく、何を書くのか記入されていますから、比較的わかりやすい内容となっています。

委任状の書類に関しては、今ではネットで印刷することができますので、わざわざ委任状を取りに行く必要はありません。提出をする先は、陸運局ということになります。この委任状を提出すれば、車のオーナーではない人が、代わりに廃車の手続きを行うことができます。