印鑑証明が必須

廃車手続きを依頼する場合には印鑑証明が必須

私たちの生活に密接に関係しており、欠かすことのできないライフラインの一つであるといっても過言ではない自動車。

日常生活の足としての利用はもちろん、趣味やレジャーとして自動車を楽しんでいる人も多く、単なる移動手段という枠を超えて私たちの生活を充実させてくれているといっても差し支えはないでしょう。

自動車関係の仕事をしている人は全国に大勢いますし、自動車が生きがいという人も少なからずいます。自動車は単なる乗り物としての役割以上に、私たちの生活に深く根付いているのです。

そんな便利な自動車ですが、消耗品でもあるため、大切に使用して末永く愛用しようと思っていてもいずれは寿命が訪れます。一般的には初年度登録から10年の経過、若しくは走行距離が10万キロを超えた場合が1つの買い替えのポイントであると言われています。

もちろん買い替えのポイントを超えた自動車でもきちんと整備をすることで問題なく動くでしょうし、まだまだ使用することも可能でしょう。しかし日常生活の足として頻繁に利用する自動車の場合には、故障や事故のリスクが高まってしまうため、10年10万キロを超えた自動車はなるべく早めに買い替えるのが理想的と考えられます。

自動車を買い替える際、10年10万キロを超えた自動車は中古車としての価値も低くなっているため、基本的には廃車手続きを行うこととなります。

廃車手続きは自分でも行うことはできますが、陸運局へ出向いて手続きを行わなければならないため手間がかかります。多くの人が自分では行わず業者に代行で廃車手続きを行ってもらっているのが現状です。

廃車手続きの代行を依頼できる代表的な業者は、自動車ディーラーや中古車販売業者、廃車買取業者などの専門業者となります。廃車買取業者を上手に利用すれば、費用を抑えて廃車手続きを行うことができるので、上手に活用したいですね。

業者に手続きを代行してもらう場合、車検証やリサイクル券といった書類が必要なのは言うまでもありませんが、それらに加えて委任状と印鑑証明書が必要となり、委任状には実印を捺印する必要があります。

これは法律で定められている事項となりますので、廃車手続きを代行依頼する場合にはどの業者に対しても共通して提出する必要があるのです。

なお印鑑証明書は発行から3ヶ月を超えてしまうと有効なものとして認められなくなってしまいますので、必ず発行から3ヶ月以内のものを準備するようにしましょう。