印鑑が必要

廃車の時には印鑑が必要

自動車の廃車の手続きはいろいろ大変だと考えている人もいるかもしれません。しかし、手続きを店舗に任せる場合はあまり難しくはないため、必要となる書類についてしっかり確認しておくと良いでしょう。

廃車にはいろいろな手続きが伴うことになっており、それぞれで必要な書類が変わってくるのですが、それらを揃え忘れると手続きが遅れ、自動車重量税や自賠責保険料の還付などが遅れてしまうので注意しましょう。

廃車時に必要となる書類や手数料について知りたいという場合、インターネットで調べてみるのがオススメです。分かりやすく一覧にしているサイトなどもあるため、自身で用意すべきものは何かを把握しておくと便利です。一口に廃車手続きといっても、永久抹消登録、一時抹消登録、解体届出という3つの種類があります。

永久抹消とは、既に自動車を解体しているという場合や、災害などにより自動車が使用できなくなった場合に行う手続きのことであり、一時的に自動車の使用を中止したいという場合に行う手続きが一時抹消、一時抹消登録を済ませてある自動車を解体した場合に行う手続きのことを解体届出と言います。

それぞれ必要になる書類は異なるのですが、店舗に任せるのであれば本人(所有者)の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)と本人(所有者)の印鑑、車検証(自動車検査証)、リサイクル券を用意するだけです。

それ以外のほとんどの書類は店舗で用意してくれるため、あまあり心配する必要はありません。しかし、車検証と印鑑証明書にある住所が異なっている場合は、住民票などの書類を用意することを忘れないようにしましょう。また、ローン返済中で所有者がクレジット会社などの場合、廃車にする際には注意が必要となっています。

廃車はあくまでも所有者の意思で行われることになっており、手続きの前には一括返済などで所有者を自身にしておく必要があるのです。ちなみに、車検証の所有者を変更する手間を省く方法もあるため、店舗やローン会社と相談してみると良いでしょう。事故などで廃車にする場合は、特例で廃車を許可する場合もあるということです。

また、自動車の廃車手続きの際には、その自動車のナンバープレートを返却することになります。前後2枚のナンバープレートが必要になるのですが、手続きを自身で行うという場合、自動車を解体した時に業者に取り外してもらい、自動車の廃車手続きを行う時まで保管しておくと良いでしょう。